2017/10
 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入稿前夜

忙しくはないんだけど、あまり暇はない。
時間はあるはずなんだけど、余裕を感じない。
何故だかそんな日々です。
入稿前のプレッシャーのせい?(´∇`;)

何はともあれ製作中の同人誌ですが、今夜に印刷所へ入稿し、全ての作業を完了する予定です。
そうしたらまた少しは違ってくると思いますので、コメント返信等を再開するつもりです。

できれば次回動画の制作も着手したいところですが……1月内に投稿できればよい方でしょーか(´∇`;)

いつも応援してくれる方々をお待たせして申し訳ないですが、今しばらくお待ちください。

・ひとくちつぶやき
我々が扱っている対象は現実ではなく、人の手で作られた架空の事象。
厳密な物理学に則った現実と異なり、制作者の知識、意図、都合、演出、様々な要素が内在して成り立っている。
上辺だけで判断しても、ザクマシンガン論争の轍を踏むだけ。
その点で言えば、ACシリーズの「語らず任せる」スタイルを、自分は賞賛したい。
スポンサーサイト

« 次回内容を構想中 | ホーム |  なんとか峠を踏破 »

コメント

この記事へのコメント

>ザクマシンガン論争の轍を踏むだけ。

元ガノタとしては耳の痛い話…バルカン砲という物の存在とか、バズーカの口径とかも似たような問題の一つでしょうか。

大抵こういう話になると「製作側が悪い」という話に落ち着くことが多いようですけど、それも作る側の人達には酷に思えます。

「この設定って無理があるよな」という話がだんだん、「どこまで公式を受け入れられるか」という、ある種、信仰の踏み絵とか政治思想とかのような話になっていってしまうのがいつも残念でした。
ああいう思想の純粋化の競争(オレはこんなに信じてる!)って、コミュニティがある程度大きくなると必ず起こることなんでしょうかね…。

一昔前にwikiのピクガレに4系年表が投稿された時も「現実的に考えて無理のある設定を受け入れるか否か」で軽く論争になりましたね……。
内容としては「リンクス戦争後にAF・クレイドルを作り始めたんじゃ製造期間が短すぎる」ので「あの世界ではそれが可能」か「実はリンクス戦争以前からいろいろ始まってた」かに分かれて。
自分の"思想"としては「ACはチェックポイント少ないんだから、基本的に守ろうや」「一度壊滅したBFFが最初のAFの開発を継続しなきゃならない」ってことで、できる派でしたが……
語らないことで余裕を持たせたACでさえこうなるってことは、基本的に穴があって当然ともいえてしまいますかね……

>スキュラさん
おや、スキュラさんはガノタ出身でしたか|∇`)

≫「製作側が悪い」
製作側の意図が分からない以上、結局のところファンが結論を出そうとすること自体に無理があるんですよね。
全く知らずに誤解してそうなってしまったのか、あるいは分かった上であえてそうしたのか。分かっているのなら、どういう意味があってそうしたのか。たかがファンには判断が付きません。
例えば仮に製作サイドから「一般ユーザーでもイメージしやすいよう、間違っているのを承知で有名な名称を使った」なんて回答が出た場合、ユーザーは本当に「製作側が悪い」と言い続けることができるでしょうか。

そーゆー意味では、こーゆー話題でまるで鬼の首を取ったかのように得意げになる人とは、自分はあまり関わり合いたくないですね(´∇`;)


≫踏み絵
現実の兵器に関してですら、あーでもないこーでもないと論争がそこら中で巻き起こりますのに、フィクションにはそもそも「正解」がないですものねぇ……。
製作者・自身・相手、それぞれの知識レベルと意図を踏まえた上でなければ話が進みませんから、2chやらそこらの掲示板やらで争ってもまとまるはずもないです。(論争の過程から得る経験には価値があると思いますが)
当然、そんな心を完璧に読むよーなことは不可能ですから、現実問題としてこーゆーのは製作者の見解抜きにはどーしょーもないっす(´∇`;)

≫純粋化の競争
自分はガノタというほどガンダムに詳しいわけではありませんし、不特定多数が入り乱れて論議するような場所は離れて久しいですので、そういう人たちはどういった思いで話を進めようとしているのか、今の自分にはなかなか想像しにくいです。

AC界隈に関して言えば、個々人が胸のうちに醸成する「俺の理想のAC像」のぶつかり合いなのかなぁ、程度には考えています。


>Eさん
≫4系年表
あー、それ有澤サークル仲間の投稿ですわ(´∇`;)ゞ
ピクガレに載せる前に自分も見せてもらいまして、「流石に無理じゃない?w」「いやぁ、でも公式年表に沿うとこうなるし……」てな具合に身内でもあれやこれやと話題のタネになりました。

≫チェックポイント
年表製作者であるカスタリアさんは基本的にそういった公式の設定を基点に考えるタイプの人ですね。
身内の中で「BFFパーツの型番は年号なんじゃないか?」と言った説が出てきて、そこから公式の様々な時系列要素を組み合わせて作られていったように記憶しています。
あと自分は確認していませんが、ACfAの攻略本に「リンクス戦争より約10年」といった記述もあるそーで、その辺も加味していたはずです。

雑兵さんのブログで考察されていたクレイドル人口密度問題もそうですが、フィクションである以上はある程度の不都合があるのは至極仕方のないことだと思います。というか、穴がなかったら現実に開発や研究がされているはずですもの(´∇`;)
その辺に何かしら折り合いを付ける必要があること、自分はどのような方針で折り合いを付けるか、などはもっと広範に考えられて良いんじゃないかなーと個人的には思います。

コメント返信お疲れ様です。

>>広範に考えられて良い
ピクガレでも「何も絶対視しなくてもいいだろ」という意見も出てましたし、わかるんですが、ことSoMには「BFFのGA合流後開発された」と思う理由が自分なりにありまして……ちょっと場所を借りて、意見伺ってもいいものでしょうか?

自分の中では流れとして
「リンクス戦争後GAがBFFを援助しするかわりとして、以前から興味のあったAF構想を(未知の概念に対する博打を嫌い)BFFに大型兵器のノウハウと共に押し付けた。BFFは立場上否と言えず、また早急に"よりどころ"がほしかったため、全力でSoMの開発に取り掛かった」
と言う風になってます。
付け加えるとSoMの有効性を確認したGAはランドクラブ・ギガベースの開発にとりかかり、またこの際にSoMを参考に(BFFの技術をフィードバック)したためギガベースの主砲精度等が上がり、これらの経験を持って満を持して"地上最強"GWを造り上げた、とも考えてます。

AF(特に最初のAFであるSoM)がリンクス戦争中・以前に開発されていたとしてどうしても引っかかるのが「何故GAでなくBFFなのか」という点で
・(陸上の)大型兵器はGAの十八番である
(リンクス戦争以前でBFFが保有する戦力のうちでは最も大きいものでも艦船)
・BFFにそのノウハウがあればソルディオスはレイレナード陣営内で出来上がったはずであること

ここら辺が「たとえAFの概念がリンクス戦争以前あったとしてもBFFが作るものではない」という風に考えがいってしまい・・・・・・。

リンクス戦争後、BFFのGA合流後であればそこらへんが解決するだけでなく、BFFの中央集権気質やその"中央"の不在、GAとしてもGAEを失っていたため「リスクを嫌う」「穴埋めをBFFに期待」などの『BFFが作る理由』がいくつか捏造できます。

で、こうなると4―fA間が短すぎるんですよね。
……「fAに続投リンクス出そうとしてフロムが短くしすぎたんだよ」とか、だめですかね?

ただ、これだとAF構想の発祥がGAになって、これ事態はいいとしても「AFジェットがレイレナード製(ファミ通攻略本ソース)」がどうしても入らなくなるんですよね……

長く纏まりなくで申し訳ありません。

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://ypaxopowo.blog97.fc2.com/tb.php/70-a8fe2c82

この記事へのトラックバック

 | ホーム | 

ヒウィッヒヒー

プロフィール

ウラノビッチ・ハラショーノフ

Author:ウラノビッチ・ハラショーノフ
ARMORED CORE
OFFICIAL SUPPORTER 2009
No.0015

アーマード・コア オフィシャルサポーター2009 No.15

ARMORED CORE V
CLOSED BETA TEST
OFFICIAL REVIEWER

アーマード・コアV CBT オフィシャルレビュワー
 特徴はハラショー体質でメリケン思想。
 リアリティのあるメカ物を志向し、ミリタリー資料を読み漁ってはあれこれと物思いを巡らす日々。
 アーマード・コアを筆頭に、クロムハウンズ、ガングリフォン、鉄騎、フロントミッション、リング・オブ・レッド、ヴルカヌス、ボーダーブレイクなどメカ物は幅広く手を染めてます。
 ニコニコ動画にて【DMINE】ACでミリタリー入門【ACMIL】シリーズを連載中です。
 ちなみにブログのデザインは気分によってたまに変わります。

連絡先:dispater7あっとまーくhotmail.com




検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ハラショーカウンター

ウラノビッチ・ハラショーノフ バナー アーマード・コアV 2011年1月発売予定!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。