2017/10
 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフィシャルサポート・SLP01

AC_SL_LOGO_完成_レイヤーわけ

遅くなりましたが、9/3付でサポーターキットが配布されていたので、サイレントライン・ポータブルの第一回記事をお送りしたいと思いますヽ(´∇`)ノ
記事中でかなり大量の画像が使われているので、ご注意ください。

※画面は開発中のものです。
©1997-2009 FromSoftware, Inc. All rights reserved.



~ 製品概要 ~

タイトル : ARMORED CORE SILENT LINE Portable
(アーマード・コア サイレントライン ポータブル)

機種 : プレイステーション・ポータブル
ジャンル : 戦闘メカアクション
プレイヤー人数 : 1人(通信時最大4人)
発売日 : 2009 年11 月19 日発売予定
価格 : 標準価格3,800 円(税込3,990 円)
©表記 : ©1997-2009 FromSoftware, Inc. All rights reserved.

開発状況 70%
CERO 審査 : A 全年齢対象
公式サイト : http://www.armoredcore.net/

 概要は基本的にAC3Pと同様。発売日は11月19日です。確実に手に入れたい方はそろそろ予約の準備ですねヽ(´∇`)ノ


~ ストーリー ~

人類が大規模災害により死の世界と化した地上を逃れ、

「管理者」と呼ばれる管理AIに支配された地下世界へと移り住み、数世紀。

ある一人の「レイヴン」の手によって、管理者が破壊された。

軛から解き放たれ、人類が再び地上に進出したこの時代――。

地上は企業によって提唱された「Brigade Project(地上再生計画)」を進め、

新しい世界の発見を急ぐと共に、地上の開発計画も活発化していた。

そして数年後、地上の未踏査地区を調査中に、巨大なクレーターが発見される。

<それは誰も超えたことのない領域――サイレントライン>

巨大な軍事力を持つ企業でさえ、その領域を超えることはできず、

いつしかそこはサイレントラインと呼ばれるようになっていた。

その存在は資源の所有化、利権紛争など新たな争いの火種を生み、

かつてない激戦区と化した。

やがて企業主導によるこの世界において唯一の例外、

報酬で雇われ、中立の立場を持つ傭兵「レイヴン」達の力が戦況を左右していく。

いつ終わるとも知れない戦い。世界は混迷を深めつつあった。


 前作、AC3のエンディングから数年後。地下世界レイヤードから飛びだし、人類が再び地上に進出した時代がSLの舞台となります。管理者や地下世界の有限性に縛られなくなった人類は、良く言えばフロンティアスピリットに溢れ、裏を返せば野に解き放たれた獣の如く、利権紛争に突入することとなります。
 AC3を未プレイでも特に進行に差支えはありませんが、直系の続編ですので、一通りのプレイを済ませておくとより一層楽しめるでしょうヽ(´∇`)ノ


~ 新規要素 ~
 ゲームの基本的な流れは前作AC3Pと同様ですので、今回はいきなり新規要素の紹介から行きますよー(´∇`)

・パーツ総数450以上

アセンブリ_中量2脚アセンブリ_重量2脚
アセンブリ_軽量2脚アセンブリ_4脚
アセンブリ_フロートアセンブリ_タンク

 AC3Pの約240パーツから大幅増量、SLPでは総数450を超えるパーツが登場。特に大きな点として、ミラージュ社製のOBコア、クレスト社製の実体弾EOコアが新規に登場。総12機種ものコアパーツが使用可能となります。
 新規パーツのみならず、外観は同じでも弾数や威力などが調整された既存パーツのマイナーチェンジ版が多数追加されます。
 また復刻パーツもさらに追加されており、新規パーツも一部が画像から確認できます。

@画像左上
頭部:CHD-9066(初代より復刻)
頭部:MHD-HH/ARSH(新規 ウィクトーリアの頭?)
頭部:MHD-72-50(新規?)

@画像中段右
四脚:MLF-SS/CARM(AC2より復刻)

カラーリング_メニューカラーリング_色選択
エンブレム_サンプル選択エンブレム_エディット画面

 勿論、カラーリングやエンブレムエディットも健在。増加したパーツと併せ、より個性的なアセンブルを追求することができます。


・AIシステム

AI育成_選択時AIメニュー_登録済
AI育成中

 PS2版AC3SLでもあったAIシステムが正式移植されます。
 AI用のACをガレージに構築し、登録しておくことで、アリーナ出撃時に自機だけでなくAIACを選択できるようになります。AIACで出撃すると、その際のプレイヤーの動きをAIが学習し、成長していくという寸法です。登録直後はたどたどしい動きのAIですが、学習を繰り返すことでランカーACにも負けないAIに育て上げることも可能です。
 育てたAIACはプレイヤー自身で相手をするだけでなく、タッグアリーナの僚機としたり、対戦モードで出撃させることも可能です。


・武器破壊

 武器破壊

 SLでは自機のAPとは別に、各武装に耐久度が存在します。攻撃を受け続けた武装は煙を吹き始め、最終的には爆発して使用できなくなってしまいます。なお、武器腕は破壊されません。
 対戦モードではON/OFFの切替が可能。PS2版当時の大会や対戦会ではOFF設定が非常に一般的でしたが、今作ではどうなるのでしょうか(´∇`)


・AC3Pからのデータ引継

データ引継ぎ_タイトル_01

 AC伝統、データコンバートもきちんと実装しています。前作AC3Pのセーブデータから、構築機体や所持パーツ、所持金の1/10をSLPに引き継ぐことができますので、愛機もすぐに使用できます。
 まだAC3Pのパーツをコンプリートしていない方は、SLPまでに集めちゃいましょうヽ(´∇`)ノ


・メディアインストール

メディアインストール画面_01

 今回の大目玉でしょうか。メモリースティックにデータの一部をインストールすることで、ロード時間を短縮することができます。
 PSPでも対応タイトルがかなり増えてきたメディアインストール。今は価格もかなり下がり、8GBでも3000~4000円、4GBなら2000円以下でも購入できますので、買い替えにも頃合かも?|∇`)


・新たなミッションの数々

ミッション_戦闘シーン01ミッション_戦闘シーン02
ミッション_イメージカット01ミッション_イメージカット02
ミッション_イメージカット03ミッション_イメージカット04

 開拓期であるSLの時代はレイヴンにとっても仕事の宝庫。地上という新天地にて、新たなミッションが多数展開していきます。ミッション数は30強と、前作の約50からやや少なくなりますが、地上は勿論、高空、果てには宇宙ステーション内部など、戦闘環境は大きくバリエーションが広がります。

ミッション_ブリーフィング01ミッション_ブリーフィング02
ミッション_収支報告_02

 防衛任務のブリーフィングにて、依頼主から『希少な新型ACパーツ』の言葉が。レイヴン相手に、そんなことをバラしてしまうと……?|∇`)


・アドホック対戦にも引き続き対応
マルチプレイ_イメージカット01マルチプレイ_イメージカット02
マルチプレイ_戦闘シーン01マルチプレイ_戦闘シーン02
マルチプレイ_戦闘シーン03

 勿論、今作でもアドホック通信による対戦に対応しています。公式大会シーズン2も開催予定ですので、勝利を目指して腕を磨きましょうヽ(´∇`)ノ
 またAIACを出撃させることも可能なので、育てたAIを僚機とした変則タッグマッチや、はたまたAI同士の対戦なども面白いでしょう。


今回お伝えできる内容は以上です。
次回はAIシステムの詳細や、新機体や新パーツについての続報があるそーですので、お楽しみに。

以上、ウラノビッチ・ハラショーノフより、SLPオフィシャルサポートでしたヽ(´∇`)ノ
スポンサーサイト

« 帰省中・百里航空祭 | ホーム |  ガス欠気味 »

コメント

この記事へのコメント

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://ypaxopowo.blog97.fc2.com/tb.php/57-2232f0a2

この記事へのトラックバック

 | ホーム | 

ヒウィッヒヒー

プロフィール

ウラノビッチ・ハラショーノフ

Author:ウラノビッチ・ハラショーノフ
ARMORED CORE
OFFICIAL SUPPORTER 2009
No.0015

アーマード・コア オフィシャルサポーター2009 No.15

ARMORED CORE V
CLOSED BETA TEST
OFFICIAL REVIEWER

アーマード・コアV CBT オフィシャルレビュワー
 特徴はハラショー体質でメリケン思想。
 リアリティのあるメカ物を志向し、ミリタリー資料を読み漁ってはあれこれと物思いを巡らす日々。
 アーマード・コアを筆頭に、クロムハウンズ、ガングリフォン、鉄騎、フロントミッション、リング・オブ・レッド、ヴルカヌス、ボーダーブレイクなどメカ物は幅広く手を染めてます。
 ニコニコ動画にて【DMINE】ACでミリタリー入門【ACMIL】シリーズを連載中です。
 ちなみにブログのデザインは気分によってたまに変わります。

連絡先:dispater7あっとまーくhotmail.com




検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ハラショーカウンター

ウラノビッチ・ハラショーノフ バナー アーマード・コアV 2011年1月発売予定!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。