2017/10
 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AC3Pフロム本社体験会レポート

体験会が終わったらまたも逼迫した日々が続き、なんぼか安定したかと思えば今度は無理してきたツケで体調と、抑え込んできたゲーム欲(主にデモンズソウル)に反動が出てしまい、枕元にリゲインの空き瓶が毎日増えていく二週間でしたorz
体調もまだまだ好調には程遠いですし、部屋も5月のGW以降ほとんどまともな掃除ができていないので、なんとかしたいところです(´∇`;)
オフィサポ第三回分のキットも、受領はしたもののまだ記事に全く手がついてない状態ですしorz

さて、遅くなってしまいましたが、今日は本社体験会のきちんとした記事が出来上がりました。
要所要所は前回の簡易報告と変わりありませんが、その分、細かいところを書いてます。

また、社員の方々から聞けた様々な裏話・こぼれ話もまとめていますので、後日別記事としてお送りする予定です。新事実満載ですので、ご期待ください|∇`)

それでは、まずは体験会レポートからお送りします。
さて、改めて6/13(土)のAC3Pサポーター体験会について、詳しくお話したいと思います。
――と言っても、個人的に確かめたかったことは数回のプレイで確認できてしまい、あとはひたすら社員の方と喋っていたので、むしろ本編は別記事のこぼれ話の方になるのですけれども|∇`)



12日の夜、知人と三宮駅近くのバーで二杯ほど飲んだり代理購入していたデモンズソウルを渡したりしてから、JR高速バスに乗り込みました。非常に安価なので東京に行く度に利用している高速バスですが……今回は前日からかなり疲れがたまっていたせいか、なかなか寝付けなくてえらい苦労しました(´∇`;)

13日の朝6時半ごろ、無事に新宿駅前に到着。
腹ごしらえのために靖国通り前の吉野家に入ったところ、お客の半分が日本語以外の言葉しゃべってました(´∇`;) 東京すげーです。
豚丼大盛をのんびり食べ、昨年のメガシアター行きの時にも使用した健康ランドへ。
入浴を済ませ、休憩室で90分の仮眠……のはずが、3時間近くぐっすりorz
久々の東京だったので、少しアキバでも見て回りたかったのですが、時間的にかなり怪しくなってしまったので大人しく京葉線で笹塚へ。

正午ごろに笹塚へ到着。
公式サイトで見たATMで少しお金をおろし、途中で見つけた「長浜ラーメン」なるお店で昼食につけ麺。
――と思ったら、なんかえっらく微妙な味でちと後悔しましたorz
(フロム社員の杉山さんに軽く聞いたところ「とんこつは美味しいけど、それ以外は……」っていうお店なんだそーです)

お店を出てすぐの歩道橋を渡り、そこそこ歩くとようやくフロム社員ヘビーユースと噂の(?)ファミマを発見できたので、飲み物を調達。
工事現場の横を通り、コインパーキングの隣に……

from_00.jpg
from_02.jpg

ありました、ノース小田急ビルヽ(´∇`)ノ
我らがフロムはこの5Fに――


from_01.jpg

半分以上フロムのフロアだ!?∑(;゚□゚)

from_03.jpg
from_04.jpg

予想外の事実に軽くビビりながらも、中に入ってみると新しいPVが流されていました。
すでに公開されている胎動編とは異なり、PSP実機の映像が多数含まれているものです。
もちろん、公式サイトでも追々公開されるとのお話ですので、お楽しみに。

from_05.jpg

他のサポーターの方と軽く話したり、-Novemdecuple-の19さんとメガシアター以来の再開をしたりしながら待っていると、ほぼ時間通りに開場。
サポーター番号と名前の確認――と、インフル対策ということで手の消毒をorz
話によると、近畿以西で体験会が開催されないのも「新型インフルを考慮して……」とのことだとか。「ほんとかよ(´∇`;)」とは思いつつも、意外なところでインフルの影響を改めて感じさせられましたorz

from_06.jpg
from_07.jpg

気を取り直して、体験会開始。
ミッション台(アセン、キーコン不可)が3台と、テストモード台(アセン、キーコン自由)が2台用意され、それぞれ1台ずつがモニタに接続されていました。
自分はとにかくキーコンを試してみたかったので、テスト台へ。
追加された復刻パーツの性能などを確認しつつ、ガレージにあるパーツでそれらしい機体を用意……。

頭:005
コア:軽クレ
腕:303
脚:066
ジェネ:ROZ
ラジ:SA44
ブースト:MARE
FCS:WS-1
エクステ:ターンブースタ
右腕:111
左腕:月光
左肩:初期レーダー
右肩:大ロケ

と、こんな機体を即興で構築。
……今見直すと、防御係数が一ケタになってそうな紙装甲アセンです(´∇`;)

手元にある操作説明を見ながら、まずはデフォルトのままテストモード2へ。
おお、確かにテストモードだ! とグラフィックの再現度の高さに喜びつつ、同時にFFから飛躍的に処理が軽快になっているのにも感動。
FFではステージによっては常に1/3倍速なども珍しくなかったので、実質5年近い差のある比較とはいえ、かなりスムーズな動作に驚かされました。

と、喜んでいたのも束の間orz
デフォルトのキーコンでは、アナログパッドに機体操作、LRに左右平行移動、十字キーに武器切り替えと各種機能、△・○に視点上下、という具合に割り振られているのですが……「ん? んん?」という感じで、一回目はMTこそ撃破したもののかなり右往左往しました。
初めてのキー配置による違和感も勿論ですが、何よりモンハンの要領で“十字キーの操作に人差し指を使おうとしていた”のが元凶だったようで、武器切り替えやブレードなどの操作の度にLボタンから人差し指を離さなくてはならず、えらくぎこちない動きになってしまっていました。

その考えを元に、キーコンを開いて十字キーとパッドの機能を丸入れ替え。
今度は正解で、比較的スムーズに動かせたためOBスライドやブレホの挙動確認などもできました。
パッド上下左右の割当に多少悩みましたが、SLやLRと異なり左武器をガンガン撃ちまくったりする必要はないので、どの機能も親指でパッと素早く操作すれば支障は小さくて済みそうです。
この「人差し指はLR固定、親指でパッドと十字キー」というスタイルに気がついてからは、ミッション台のデフォルトキーコン(パッド移動、十字機能)でも差支えなく動かせましたが、グリップの安定感や馴染んだ感じから自分は十字キー移動になりそうです。

ところが、操作に慣れて激しい上下動などもするようになってくると、新たな問題が発覚。
視点上下が△・○に割り当てられている関係上、攻撃(□ボタン)しながらだと、見上げる(△)はまだしも、見下ろす(○)のがかなり難しくなります。
自分はブレードを主軸に据える予定なので致命的な問題には思いませんでしたが、ガンナーはキーコンに悩むか、あるいは抜本的に戦い方を考え直す必要がありそうです。

また確かにFFとは比べ物にならないほど軽快ですが、処理落ちは全くないわけではなく、スライドジャンプのタイミングがズレてしまうことが何度かありました。キーコンと合わせ、こちらもプレイを繰り返して慣れる必要がありそうです。

一回あたりのプレイ時間10分が過ぎたので、席を離れるとボイスレコーダーを持った方から「ちょっとお話良いですか?」と話しかけられました。詳しくは聞き逃しましたが、プレス関係の方のようで、数分ほど雑感を話したりアレコレ。
この他にも電撃PS2の記者さんもプレイしたサポーターにインタビューを行っており、自分も数分ほど質問に答えさせて頂きました。「もしかしたら記事に載るかも」とのお話ですので、他のサポーターの方々がどんな話をしていたのかの確認も含め、7月10日には久々にゲーム雑誌を買おうかと思います|∇`)

初プレイの雑感を元に、イケメンメガネ広報の矢内さんとアレコレ会話。(詳細は後日別記事にて)

ミッションをプレイしていなかったので、「進入路探索」を用意されていた四脚ACでプレイ。
マルチミサイルが積んでありましたが、500マシと緑ブレが装備されていたので、不要と判断してミッション開始同時にパージ。

……しようとしたら、十字キーの上下を間違えてブレードが「ばしゅんっ」と小気味良い音を立てて消え去ってました。

しかも、モニタ接続台で……o...rz

あまりの恥ずかしさに突っ伏しそうになるのをこらえつつ、ミッションを放棄して再出撃。
突きモーションなのでステルスMTの処理に難儀しましたが、なんとか全撃破してAC戦へ。
ファンファーレは地上魚雷と接近時のロケットにさえ気をつければよいので、「くらえ伝説の突き技!(06:03)」と言わんばかりに小ジャンプから空中斬りを――あれ、当たらない。
もう一度――あれ、当たらない!?

「え!?」と思うのと同時に原因も直観。
ブースタ出力がめちゃくちゃ弱い(初期パーツの一個次)せいで、ブレホの伸びがめちゃくちゃ悪いだけでした(´∇`;)
気を取り直して、かーなーり踏み込んでブレを振ると今度こそ当たる当たる。小ジャンプからブレホでバスバス突く四脚特有の軽快さは相変わらずです。
リップハンターも続いて串刺しにして、無事にミッション成功しました。

こちらは流石に遺跡というオブジェクトの多いステージであるせいか、PS2版よりかなり処理が重かったです。1/2倍速ぐらい?
また開発中であるためか、リップハンターの動きが怪しかったような気がします。明後日の方向ばかり向いていて、攻撃がほとんど飛んでこなかったようでした。

ミッションも体験できたので、Direct mineのザックさん(現場では気がつきませんでしたが、リンクスミーティングの際に岬さんと一緒にお会いしてましたねorz)と談笑しながらアンケートを記入。
ザックさんからお借りしたカラーボールペンで「NBベースでNXもポータブル出してください! ゲーム本編はともかく、バランスはNBが一番良いんです!」と、しっかり赤文字で記入して回答完了|∇`)

記入し終わったところでまたミッション台が空いたので、次はタンクACで「ミラージュ部隊強襲」へ。
ホバタンに重EO、ハンドグレネード(復刻)、チェーンガン、グレネードランチャー……「なんで手にも背中にもグレ持ってんの!w」と突っ込みつつ、ミッション開始。
チェーンガンは勿論マガジンリロードなしで撃ち続けられますし、EOの射角もかなりの広範囲を狙ってくれる紛れもない3仕様です。
ちなみにハングレの発射音や爆風エフェクトなどは流石に再現されておらず、どちらもAC3既存のグレネードライフルと同じものでした。

若干の処理落ちこそあれど、PS2版オリジナルと同じく大規模な戦闘が十分楽しめる出来でした。


と、AC3Pの体験はここまで。
自分はもう先行プレイに満足してしまい、あとはひたすらスタッフと喋り続けていました|∇`)
時間目いっぱいまでスタッフに仕事をさせず(すみませんでしたorz)、山ほどの裏話を収集して体験会は終了。

from_08.jpg

体験会の後は19さんはじめ他のサポーターの方数名と一緒にロイヤルホストの大人数席を占拠し、晩飯食べながら談笑したり絵描いたりしてました|∇`)
(当人は多分覚えてないと思うけど)冬コミの時にちょっとだけお会いしたment氏や、「(´゜д゜)」の顔文字Tシャツを自作してきていたエーシーさんなど、いろんな人と知り合うことができました。

ギリギリまで話していたかったんですが、夜行バスの時間があったので自分は早めに離脱し、新宿駅へorz
新宿駅22時発で東京を発ち、自分の体験会が終了しました。

改めて、社員の皆さん&サポーターの皆さん、お世話になりました。またの機会にお会いしましょうヽ(´∇`)ノ
後日のこぼれ話編をお楽しみに。


・後日

知人Kさん「そういやBちゃんアーマードコアのイベント行っとったよね?」

ええ、行きましたよー(´∇`)

Kさん「○○の記事で二枚も写っとったよ。顔出てないけど一発でBちゃんて分かったわー」

なんですとぅ!?Σ(;゚□゚)
スポンサーサイト

« 三大欲求が鈍るのは流石に危険信号だ! | ホーム |  AC3P体験会・簡易報告 »

コメント

この記事へのコメント

EOが3そのままってことは、2次ロックなしなんですか?

>mikoskyさん
実はその辺、取りこぼしたところだったりします。いつも3系では基本的にOBしか使わなかったので、そっちが確認できたら安心してしまいました(´∇`;)

多少使ってはみましたが、体感では結構当たっていたようでしたが、N系ほど特別「当たる」という印象もなかったと思います。二次ロックがあったかは分かりません。
しっかりと検証してみたわけではないので、あくまでその程度に感じた、ということでお願いします。

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://ypaxopowo.blog97.fc2.com/tb.php/38-a8abf58f

この記事へのトラックバック

 | ホーム | 

ヒウィッヒヒー

プロフィール

ウラノビッチ・ハラショーノフ

Author:ウラノビッチ・ハラショーノフ
ARMORED CORE
OFFICIAL SUPPORTER 2009
No.0015

アーマード・コア オフィシャルサポーター2009 No.15

ARMORED CORE V
CLOSED BETA TEST
OFFICIAL REVIEWER

アーマード・コアV CBT オフィシャルレビュワー
 特徴はハラショー体質でメリケン思想。
 リアリティのあるメカ物を志向し、ミリタリー資料を読み漁ってはあれこれと物思いを巡らす日々。
 アーマード・コアを筆頭に、クロムハウンズ、ガングリフォン、鉄騎、フロントミッション、リング・オブ・レッド、ヴルカヌス、ボーダーブレイクなどメカ物は幅広く手を染めてます。
 ニコニコ動画にて【DMINE】ACでミリタリー入門【ACMIL】シリーズを連載中です。
 ちなみにブログのデザインは気分によってたまに変わります。

連絡先:dispater7あっとまーくhotmail.com




検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ハラショーカウンター

ウラノビッチ・ハラショーノフ バナー アーマード・コアV 2011年1月発売予定!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。