2017/08
 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 

【妄想】ぼくのかんがえたリアルあーまーどこあ

題名の通り、「こんなんだったら良いな」をかき集めた雑多なメモ書きです。

ゲームとしての実現性や面白さはさておいた私的な妄想の類ですので、あしからずご了承ください。



▽日時・地理の概念がある。

 出撃すれば時間が過ぎ、作戦地域までの往復にも時間と費用を要する。
 期間ごとに、自分の生活費やACの維持費、傭兵斡旋組織への加盟料などが消費される。

 ワールドマップには斡旋組織の支部が複数点在しており、一定の費用・時間を消費すれば拠点とする支部の変更も出来る。


▽パーツに状態・寿命の概念がある。

 各パーツに耐用寿命があり、適切なメンテナンスや修理を行わなければ性能が低下し、故障が発生しやすくなる。
 逆に、程度の悪い中古パーツを格安で購入し、修理して使用したり、部品取りに使ったりすることも可能。


▽全てのパーツをチューンできる。

 砲身のショートバレル化、マズルブレーキの強化、光学機器の交換、弾倉の大型化、リロード速度の調整、同軸機銃の増設、装甲の追加、出力の強化など、様々なチューンが出来る。
 早い話がゴーストリコン・フューチャーソルジャー的なアレ。
 ただし、極端なチューンをすると負担が増え、故障率が悪化したり、耐用寿命が短くなったりする。
 逆に、軽量化や省電力化して負担を減らしたり、デチューンで安全率を稼いだりも出来る。


▽燃料・発熱・故障などの概念がある。

 ACは稼働によって燃料を消費し、燃料残量を意識して戦闘を行う必要がある。
 時間経過、ブースターの使用などで消費する。
 また、ジェネレーターやブースターの出力を戦闘中に増強することも可能だが、発熱量が増大し、燃料消費率や被発見率も悪化する。
 逆に、出力を下げて発熱を抑え、燃費や隠密性を向上させることも可能。

 リミッター解除すると出力も推力も発熱も燃費もヤバいことになり、超稼働しながら機体が負荷でモリモリ壊れていく。オーバード・ウェポンならぬ、オーバード・コア。
 長時間継続すると各部から火災が発生し、最終的には大破全損してしまう。


▽塗装は剥げる。

 塗膜が被弾や環境の影響を受け、剥げや退色が発生する。有料で直さなければそのまま。
 意図的にダメージ塗装を施すこともできる。


▽工員の賃料はちゃんと払おう。

 ACの整備を任せるメカニックの人事を設定できる。
 通常はオペレーターに一任だが、したいと思えば自分で賃料や人数、休暇なども設定できる。
 あんまりな薄給で酷使すると整備の質が下がり、機体の性能や故障率が悪化したり、チューンパーツを壊したりする。
 最悪、夜道に背後から刺されたり、コクピットに爆弾しかけられたりしてゲームオーバー。

 腕の良いメカニックを雇うとその逆で、基本性能を底上げしてくれたり、寿命を伸ばしたりしてくれるが、それだけ賃料がかかる。
 また、高位ランカーに優先して回されるので下位のうちは雇いにくい。


▽パーツ購入はリース・中古・新品の三段階。

 リースパーツは常に安定したパーツを使用できるが、チューンが一切できない。
 また、出撃ごとに一定のリース料金がかかる。

 中古は安価にパーツを購入できるが、物によって程度が異なる。
 酷いものは寿命切れ間近で、レストアに相応の費用が掛かる。
 意外な掘り出し物が見つかる場合もある。

 新品は最も高価だが、最高の品質でパーツを入手できる。
 予算さえ許すのならば、カスタムベースにも最適。


▽最初は借金スタート。

 ゲームは初期ACの購入費、オペレーターやメカニックの雇用費などを全て斡旋組織に立て替えてもらった状態から始まる。
 これらの初期借入分を返済し終わるまでは、成功報酬から一定額が引かれ続ける。
 さらに大きく借金してパーツを購入することも可能であるが、あまりに負債が膨らむと臓器を売られた挙句、実験体にされる。
 「強化人間ヤッター!」と思うが、ダイジョーブ博士みたいなもんで能力が向上してるとは限らない。


▽ACの故障。

 被弾や環境負荷、不具合、整備不良、耐用寿命、無理なチューンなどが原因で稼働中のACに故障が発生する。
 故障の程度は様々で、その場で直る場合、補給で直る場合、帰還するまで直らない場合などがある。


▽中の人などいる!!

 急激な機動をすると視界がかすみがかったり(グレーアウト)、被弾によって視界が動揺したりする。
 安いドライバースーツを使用してると余計に酷くなる。
 食費や生活費をケチってると体力が落ち、さらに輪をかけて発生しやすくなる。


▽大破するとACだけじゃなくて人間もヤバい。

 ACが甚大な被害を受けた場合、搭乗者も負傷する場合がある。
 基本的には完治するまで出撃不可。酷い場合は再生医療か、義体手術かを選ばなければならない。
 義体化するとグレーアウトや視界揺れなどが発生しにくくなるが、別途維持費用がかかる。


▽「射撃安定性・注意・警告・不可」

 腕部の安定性能によって、射撃武器の性能に影響を与える。
 射撃反動に対し、安定性が十分な場合は武器の命中精度・リロードを存分に発揮できる。十分以上に上げると、命中精度が若干向上するが影響は小さい。

 安定性がやや不足していると「射撃安定性・注意」となり、命中精度に影響が出始め、グルーピングが不安定になる。リロードには影響しない。

 安定性が大きく不足していると「射撃安定性・警告」となり、命中精度のみならずリロードも悪化する。ただし、使用は不可能ではない。

 安定性が極端に不足していると「射撃安定性・不可」となり、使用できない。

 射撃安定性は原則、重量パーツほど高い。軽量パーツでも高いものはあるが、電力消費が高く、被弾時に故障しやすい。


▽当たったところが壊れる。

 ダメージは被弾部位ごとに計算され、同じパーツでも当たった部位でダメージ量や発生する故障が異なる。
 背面や関節部、ブースター、センサー開口部などは防御力が低い。
 軽量コアで砂砲喰らったりとかすると即死。重コアでも背面だと大抵即死。

 軽量パーツにたまにある「APは低いが防御力は高い」系のパーツは最大瞬間風速的なもので、跳弾できない威力の攻撃を受けると簡単に壊れる。故障しやすい。

 ガチタン相手に貫通できる武器を持ってなくとも、とにかく撃ちまくればセンサーや武器を壊して戦闘力を低下させる、といったこともできる(大変だけど)。


▽オペレーターやメカニックと仲良くなれる。

 持ち帰り可。
 ウホッも可。老兵は構わず、好きにやってくれたまえ。


▽戦車つおい。

 つおい。
 ACは足使って戦おう。



 お粗末様でした。
 こっそり追記したりするかも。
スポンサーサイト

« 人型AC、転職につき | ホーム |  サバゲ初心者メモ:エアガンの種類 »

コメント

この記事へのコメント

ミリタリ―出力の概念組み込んで短時間だけダッシュ力強化!(多用すると整備の人に怒られる)とか,同等品で安いけど性能がアレな保守部品とかも入れようぜwww

自分も瞬間EN消費量×ジェネ性能やブースト排熱に対するIR索敵みたいなのほしいです。
というか発砲炎等の光学索敵、発砲音、駆動音等の音響索敵もほしい!
あとAPとHE、HEATも撃てる砲がほしいです!!(WoT民並みの感想)
真面目に戦術ゲーの胆って、相手がどう動いてるかいち早く察知して、次の手を打つことだろうから、
索敵、隠蔽要素はもっと充実、機体ごとに差別化してもいいと思います。
部位破壊あると リタイガタタレター→修理完了→リタイガタタレター になりそう(KONAMI)

コンピューター、ホログラム終了

戦車が強いのは……ゲームとしては、問題なのでは?

ACや特殊兵器と同格の扱いならありかもしれないけど……道中敵(MTと同じ扱いなら、ゲームバランスが……
普通に蹴るかブレードで楽に倒せるなら、それでアリだと思いますが

ただ、戦車がボス扱いなら面白いかもしれませんね

戦車兵が「ふん、ACが最強だと驕った傭兵が我々が現実を教えてやる」といいながら、現れるのはいいかもしれませんね

パーツ関係の設定は実際にあってもいいと思う
特に故障の概念は実際にミッションか領地戦限定性能として、入れてほしいです
後、中の人設定もパイロット殺しアセンとかもいいけも

というか、それ以外は、ミッション限定要素で対戦時だと不要だと思います

むしろ、ミッション向きパーツ、対戦向きパーツの傾向を強めてほしいかな
後、FCSをCPUに変えて、従来のFCSやAIや画面表示をソフトにして、自由にアセンできればさらにそzれっぽくなるんじゃないでしょうか?

↑ボスほどじゃなくても倒すのに苦労する敵って普通にいるじゃん

個人的には構えなきゃ撃てないのが気に入らないなぁ
反動バカでかくてもいいから撃たしてほしい
某レーバテインみたいに腕もげてもいいから

主にはカルネージハートがおすすめというかやるべき
無人機同士の対戦に特化した内容だがAIを自分で作れる上にハードウェア性能もかなりカスタマイズできます。

・燃料と発熱の概念(燃料搭載量と熱キャパシティがトレードオフ)
・エンジンのチューン(積載量、機動力と燃料消費、発熱がトレードオフ)
・装甲厚、弾薬搭載量のチューン、追加装甲の選択
(弾一発ごとに重量の設定あり。厚い装甲は防御向上、排熱悪化。過剰積載は燃費と機動力悪化)
・部位破壊、装甲破壊
・戦車(車両型機体)つおい

パーツは中古の方がカスタムしやすいと面白いと思いました(こなみ

お金はある程度稼いでしまったら飾りになるから主のような生活感(?)ある傭兵生活も楽しそうだ
乗らない時の管理は軽量機ほど大変になりそうだが

パイロット(アバター)のカスタマイズがあれば、居住区域を歩いたり、整備中のAC眺めたり、チムメンと語りあったりしてACを外から楽しむ事もできそう
後はAC一人称視点に切り替えられるようにして欲しいな

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://ypaxopowo.blog97.fc2.com/tb.php/114-1bc475d8

この記事へのトラックバック

 | ホーム | 

ヒウィッヒヒー

プロフィール

ウラノビッチ・ハラショーノフ

Author:ウラノビッチ・ハラショーノフ
ARMORED CORE
OFFICIAL SUPPORTER 2009
No.0015

アーマード・コア オフィシャルサポーター2009 No.15

ARMORED CORE V
CLOSED BETA TEST
OFFICIAL REVIEWER

アーマード・コアV CBT オフィシャルレビュワー
 特徴はハラショー体質でメリケン思想。
 リアリティのあるメカ物を志向し、ミリタリー資料を読み漁ってはあれこれと物思いを巡らす日々。
 アーマード・コアを筆頭に、クロムハウンズ、ガングリフォン、鉄騎、フロントミッション、リング・オブ・レッド、ヴルカヌス、ボーダーブレイクなどメカ物は幅広く手を染めてます。
 ニコニコ動画にて【DMINE】ACでミリタリー入門【ACMIL】シリーズを連載中です。
 ちなみにブログのデザインは気分によってたまに変わります。

連絡先:dispater7あっとまーくhotmail.com




検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ハラショーカウンター

ウラノビッチ・ハラショーノフ バナー アーマード・コアV 2011年1月発売予定!