2017/09
 123456789101112131415161718192021222324252627282930 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ACV cβプレイリポート】第三回:各脚部タイプの特性

チームプレイ02

 お盆仕事で二週間ほど修羅場ってました。
 夢の中でも働いてたのは久々Death⊂⌒~⊃。Д。)⊃

 さて、すでにXbox360版でのクローズドβも終了してしまいましたが、まだまだお伝えしたいことがいっぱいあるのでプレイリポートは続行しますよ!(`・ω・´)

 今回はβで登場した各脚部タイプについてのインプレッションです。
 毎度毎度長くなりましたので、各武器についてはまた別項にて(´∇`;)

※記事はあくまでクローズドβテストの内容に基づいたものであり、製品版では仕様が異なる可能性があります。ご了承ください。


▽二脚型
 全てにおいてバランスのとれた(裏を返せば平凡な)脚部です。
 多くの機種が左膝に防盾を装備しており、キャノン構え時に防御力を高めることができます。
 ただし、射撃安定性はそれほどでもなく、スナイパーキャノンなどを使用すると弾着がかなりブレてしまいます。

・軽量二脚
◎極めて軽快・俊敏な機動力
×非常に積載量が少なく、武装が限られる
×極端に装甲が薄い
×ブーストチャージが弱い


 ごく軽量な二脚で、装甲と積載量を犠牲にした代わりに高い運動性を持ちます。
 ネクストに匹敵しようかという高い運動性を誇り、ブーストドライブも下手をすれば跳び過ぎてしまうほど強力な跳躍力があります。

 しかし、積載量の低下が激しいため、せいぜい2~3種程度の武装しか搭載できません。それからやはり機体が軽いせいでしょうか、ブーストチャージの威力も酷く低めです。
 装甲も極端に弱く、スナイパーキャノンやレーザーライフルのため撃ちなどが直撃した場合、一撃大破も有り得るほどです。
 これが現状では前編で解説した三種属性・跳弾システムに対する大きな不利となっており、単機では“詰み”状況の非常に多い脚部となってしまっています(´;ω;`)
 従来作ACの上位プレイヤーには軽量二脚愛用者も目立っただけに、ショックを受ける方も多いのではないでしょうか。

 機動性・運動性に関しては明らかにずば抜けていますので、敵の側面に回り込んでレーザーライフルのチャージショットを撃ち込む、タンクACに背後からブレードで斬りかかる、といった立ち回りならばチーム戦で活躍の場がありそうです。
 現状の仕様ではあくまで“主力となれないこと”がポイントとなるでしょう。

 個人的にはもう少し底上げしても良いと思う脚部です(´∇`;)
 例えば『弾は少ないが、威力が高く、軽い』というような武器が出てくれば、かなり違ってくると思うのですが……。
 先行してセントリーガン、機雷などを敷設するという選択肢もありそうですが、現状ではこれらの武器自体の性能が低すぎるため有用ではありません。
 個体戦力としてはかなり辛いところですが、機動力の活かし方次第で化けることも、と言ったところでしょうか。


・中量二脚
二脚タイプ
◎そこそこの機動性・防御力・積載量のバランス
◎一つの防御属性に特化することで重量殺しに化ける可能性アリ
◎ストーリーミッションで扱いやすい

×器用貧乏に陥りやすいため、アセンブルも運用も難しい
×相手の攻撃・防御属性や味方の構成を考慮して立ち回れる技量が必要


 標準的な規模の二脚で、平均以上の機動性・防御力・積載量をバランス良く実現しています。
 軽二ほどではないものの十分軽快に動作でき、武器もそれなりのものが3~4種類ほど選べ、ブーストチャージの威力も結構あります。
 ACVの基本システムを学ぶ上で非常に良いでしょう(´∇`)

 一方、対戦においては非常にマニアックな立ち位置となります。
 製品版でのパーツラインナップ次第だと思うのですが、防御耐性が基本的に一種特化・一種最低限・一種捨てという形になります。(ちなみにcβのパーツラインナップでは現実的な中量二脚はほぼKE特化しかできません)
 このため、高水準な防御力を持つ重二やタンクのように「大抵の相手なら正面から撃ち合いに持ち込める」という機体にはできません。
 むしろ、高い一種の耐性と水準以上の機動力を活かして『耐性相性で勝てる重量級を食いに行く』という極めて絞られた、しかし重要な用途になります。

 より具体的に言うと、cβ版では中二がKE特化となっていることにより、スナイパーライフル持ちの重量二脚に対して中距離で大きく有利が付いています。
 その代わり、非常にTE耐性が低く、しかも重量二脚はTE耐性が圧倒的に高いため、レーザーライフルの射程である近距離に入ってしまうと呆気なく瞬殺されてしまいます。
 つまり、この例で言えばレーザーライフルの有効射程より若干遠く、スナイパーライフルの有効射程内という限られた距離でのみ、中量二脚が有利を得るわけです。

 中庸の性能ゆえに従来作の対人戦では扱いの難しい機体になりがちな中量二脚でしたが、今回はそれ以上のピンポイントな専門職という印象です。
 製品版でパーツが増えれば様々な防御・攻撃特性の機体が登場するため、こう単純には行かないでしょうから、中量二脚を扱っていくにはパーツと戦術について深い知識が必要になりそうです(`・ω・´;)
 ともすれば器用貧乏となりがちで、主力として扱うにはやや厳しいものの、チーム戦では『意外な重量キラー』として活躍の機会が得られるのではと個人的に期待しています。


・重量二脚
重量二脚タイプ
◎優れた防御力・積載量、必要最低限の速度
◎強力無比なブーストチャージ
◎単機では最も高い汎用性を持つACVにおける主力機

×タンクが天敵
×足が遅いため、一つの判断ミスが命運を分けることも多々


 読んで字の如く、二脚としては最大規模のタイプです。非常に優れた防御力・積載量を誇ります。 かなり劣るとはいえ機動性も最低水準は満たしており、ブーストドライブ、ハイブースト、グライドブーストを上手く組み合わせることで十分な機動力を発揮できます。
 さらにブーストチャージの威力も圧倒的で、侵攻戦でのターゲット破壊などに絶大な強みを持っています。

 積載量が多いため防御力も一種特化・二種中程度まで固めることが可能で、武装も十分な威力のものを5箇所すべてに搭載できます。

 三種属性や跳弾システムの恩恵を非常に大きく受けており、単機で自己完結できる状況が多く、他と比べて“詰み”の少ない脚部です。
 ACVcβにおける実用上、最も高い汎用性を持った主力脚部と言えます。

 弱点は自分よりも装甲・火力ともに大きく勝るタンクACの存在。
 こちらの武器は大して効かない一方で、タンクは重二すら粉砕できる強力なキャノン系武器を扱うことができます。まず真っ向勝負で勝てる相手ではありません。
 もっとも、それでも重二側は機動力差を活かして“逃げる、相手にしない”という選択肢が使えるので、まだマシとも言えますが……(´∇`;)
 また、ブーストチャージならばタンク相手にも大ダメージを与えられるため、かなり難しいですが重二側にもワンチャンスはあります。

 総じて非常に優秀な脚部で要調整との意見もチラホラですが、上述の通り“最も自己完結性が高い脚部”ですので、これを下げると数の不利が今以上に余計にハッキリ出てしまうのではないでしょうか。
 チームプレイ時に味方が落とされた時や、初めから少人数で出撃した時などのプレイがより厳しくなるでしょうから、ゲームバランスや少人数プレイヤーをある程度保護する観点からもマズい気がします。
 なので、個人的には重二を叩いて下げる形にはせず、他脚部の底上げが望ましいと考えています(・ω・)


▽逆関節
 Sの字型の脚関節を持ち、高いジャンプ力を持つ脚部です。関節構造の類似から“鳥脚”とも呼ばれますネ。
 他の脚部に見られない特徴として、ブースト起動状態のジャンプ時には後ろ膝のブースターから縦方向のハイブーストが噴射されるので、より跳躍力を高めることができます。(ただし、大量のエネルギーを消費します)
 積載量もかなり多いですが、一方でエネルギー消費が非常に高く、旋回性能で極端に劣る、といった欠点があります。


・軽量逆関節
◎軽量でありながら積載量がやや多め
◎ジャンプ力が高い

×旋回が重量二脚並に遅く、接近戦が困難
×エネルギー消費が極端に高い


 軽量二脚並の重量でありながら大きく積載量で上回り、ほぼ同等の跳躍力を持ちます。
 が、エネルギー消費が非常に高く、なかなかゲージが回復しません(´∇`;)
 おまけに売りのはずのハイブーストジャンプですが、通常のハイブーストの倍近いエネルギーを一気に消費してしまいます。御蔭でなおのことエネルギーがカツカツに⊂⌒~⊃。Д。)⊃
 旋回性能も重量二脚程度しかなく、総じて近接戦闘はかなり厳しいものがあります。

 cβでは軽量級自体が難しいカテゴリなのですが、それに輪をかけて性能面で厳しいため、オンライン上ではほとんど見かけられない脚部です(´;ω;`)
 旋回性能はこのまま~ほんのり上乗せ程度で良いので、せめてエネルギー消費をどうにかしてあげれば味方の重量機の後ろからピョンスカ跳ねながら支援攻撃、とかできそうで面白そうなんですが……(´∇`;)


・中量逆関節
 cβでは未登場です。


・重量逆関節
逆関節タイプ
◎積載量が非常に多い
◎重量でありながらジャンプ力がある

×旋回性能とエネルギー消費が極端に悪く、接近戦が困難


 非常に高い積載量を持つ逆関節タイプです。
 重量級でありながらかなり高い跳躍力を発揮できますが、エネルギー消費と旋回の欠点はそりゃもうどえらいことになっておりますorz
 軽量逆関節と比べれば実用性はまだありますが、やはり致命的な二大欠点がどうにも足を引っ張ってしまいます。
 ゴツくてカッコイイんですけれども……せめて消費改善してあげて(´;ω;`)


▽四脚
四脚タイプ
◎キャノンの性能を唯一最大限に引き出せる砲撃特化型
×同重量の他脚部と比べてブースト速度がやや遅い
×挙動がやや重く、通常戦闘が苦手


 機体中央から放射状に四本の脚を持ち、安定性や衝撃吸収性に極めて優れた脚部です。
 遠距離砲撃に特化しており、キャノン砲撃姿勢では後ろ足から巨大なアンカーが地面に打ち込まれます。キャノン本来の射撃精度を唯一発揮できる脚部であり、しかもリロード速度に大きな上方補正がかかり、高速で連射することも可能です。
 反面、脚部自体の重量が大きい上にブースト速度が他脚部より低めで、近~中距離での射撃戦におけるアドバンテージはありません。
 ちなみにブーストチャージは独特で、勢いをつけた後ろ足で蹴りつけます。

 cβではCE防御型の重量四脚のみ登場しています。
 キャノンの運用にかけては非常に素晴らしい性能を持っているのですが、cβで登場するマップでは中央に大きな山岳とトンネルが設置されてしまっているため、その狙撃性能をあまり活かせません(´;ω;`)
 少なくとも侵攻の場合、フルメンバーで上手く戦線をコントロールしないとかなり辛いでしょう。
 一方、防衛ではトンネルや渓谷を抜けて進軍してきた敵機を狙撃できるチャンスがあり、上手くハマれば大金星を挙げることも。ただし、これも同じく味方前衛が何人かいることが前提となります。

 非常に扱いの難しい脚部ですが、ACVのゲームコンセプトならではの玄人志向になっているように思います。
 製品版で登場するマップや、軽・中量四脚、新しいキャノンなどの性能によっては、かなりの強脚部になる可能性があるのではないでしょうか。


▽タンク
タンクタイプ
◎圧倒的な防御力・積載量
◎キャノンを通常武器として使用可能で、極めて高火力
◎停止時に高速旋回(超信地旋回)が可能
◎最強の個体戦闘力

×ブーストドライブ(壁蹴り)が使用不可能
×ブースターが脚部内蔵のものに限定される
×総じて機動性に劣り、特に長距離移動に難


 巨大な戦車型の脚部です。他脚部を圧倒する防御力・積載量を持ち、キャノン系武器を唯一通常武器として使用できる脚部でもあります。
 反面、かなりの大重量となる上にブースターも内蔵のものしか使えないので、機動力はごく限定的です。ブーストドライブ(壁蹴り)も使用できません。
 ブーストチャージはハイブーストからの単純な体当たりで、車体前方のドーザーブレードをぶつけます。威力は中の上程度で、重量二脚ほどの威力は出ません。

 cβではTE防御型のタンクが登場しています。TE防御型とは言いますが、KE・CEの二属性も中程度以上の防御力を備えています。
 ブースト自体の出力はそこそこあるのですが消費がかなり大きく、またブーストドライブでジェネレーターを休ませながら機動することもできないので、長距離の移動には耐えません。
 しかし、短いグライドブーストを繰り返すことで戦闘に十分な機動力は確保できます。(ただし消費は大きいので継続戦闘になると息切れがち)

 やはり防御力と火力が圧倒的で、生半可な攻撃は跳弾しまくり、スナイパーライフルやチャージレーザーを持ってしてもなかなか十分なダメージを与えられません。
 おまけに、二門構えたキャノンは機種にも寄りますが、重量二脚すら一瞬で大破させるほどの火力を持ちます。
 疑いようもなく、ACVにおける正面戦闘最強の戦力です。

 しかし、対処法がないかと言えば決してそんなこともありません。
 機動力、特に持久力が欠けているので行軍時には足枷となりますし、急な戦線の変化にも対応しにくい難点があります。当然、袋叩きにされたら離脱もままなりません(それでも圧倒的な装甲と火力で1~2機ほど道連れに食っちゃうことが結構ありますが……)。
 さらに言えばACVでは必ずしも敵AC撃破は絶対目標ではないため、その足の遅さから無視されてしまうことも有り得ます。一つ間違うと、戦況に参加できない遊兵と化する恐れが大きいわけです。

 機動力の低さゆえ運用の柔軟性に欠け、味方に“活かされる”タイプとなりますが、明らかに頭一つ抜けた戦闘力は他脚部の追随を許しません。攻防の要として是非ともチームに組み込みたい脚部でしょう。



 cβにおける脚部ごとの特性はこんな具合です。
 総じて、従来作品以上に個性が強調されており“できること、できないこと”がはっきりとしている印象です。
 今までのように“一人でなんでも”は無理があり、“得意ななにか”が重要になっていますから、チーム戦がかなり面白くなってます(`・ω・´)b

 次回は各武器のインプレッションをお伝えする予定ですよー(。´∇`)。
スポンサーサイト

« 今日明日は富士 | ホーム |  夏コミ・ゲスト参加 »

コメント

この記事へのコメント

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://ypaxopowo.blog97.fc2.com/tb.php/104-7ba3154c

この記事へのトラックバック

 | ホーム | 

ヒウィッヒヒー

プロフィール

ウラノビッチ・ハラショーノフ

Author:ウラノビッチ・ハラショーノフ
ARMORED CORE
OFFICIAL SUPPORTER 2009
No.0015

アーマード・コア オフィシャルサポーター2009 No.15

ARMORED CORE V
CLOSED BETA TEST
OFFICIAL REVIEWER

アーマード・コアV CBT オフィシャルレビュワー
 特徴はハラショー体質でメリケン思想。
 リアリティのあるメカ物を志向し、ミリタリー資料を読み漁ってはあれこれと物思いを巡らす日々。
 アーマード・コアを筆頭に、クロムハウンズ、ガングリフォン、鉄騎、フロントミッション、リング・オブ・レッド、ヴルカヌス、ボーダーブレイクなどメカ物は幅広く手を染めてます。
 ニコニコ動画にて【DMINE】ACでミリタリー入門【ACMIL】シリーズを連載中です。
 ちなみにブログのデザインは気分によってたまに変わります。

連絡先:dispater7あっとまーくhotmail.com




検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ハラショーカウンター

ウラノビッチ・ハラショーノフ バナー アーマード・コアV 2011年1月発売予定!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。