2009/04
 123456789101112131415161718192021222324252627282930 

アームズフォート戦は本当に「大きいだけで単調」なのか?

だいぶ前からACFANやAC-wikiの小説コーナー、掲示板、雑談などを見ていて思うのですが、「小説でAF戦は大味でつまらない」という意見を著者・読者を問わずに割と頻繁に見かけるのが、個人的にとても悲しいです。

そう言う方々は、AFが本当にゲーム中のような「大した火力もなく、どこを撃っても壊れ、派手に爆発するだけのやられメカ」とでも思っているのでしょうか?

スピリット・オブ・マザーウィル戦が「砲弾を眺めて飛んでるだけ」? 「単にミサイル回避しながら砲台つぶしていくだけ」

そんなもので本当に10年以上も地上の覇権を握り、かつ数千万~数億人に一人の実力者であるはずのホワイトグリントを撃退できると思っているのでしょうか?

こういった意見を見る度に、いくらか仕方ないとは思うと同時に、自分はとてもやるせない気分になります。

早く動画の続き作らないと……。


・メモ
ゲーム中のSoMミッション開始距離:約40~50km
設定上のSoMの防衛半径:約200km(絶対防衛100km)

旧日本軍 大和級戦艦46cm主砲:砲弾質量1.4トン(徹甲弾)
旧ドイツ軍 80cm列車砲"ドーラ":砲弾質量4.8トン(榴弾) 7.1トン(対コンクリート貫通榴弾)
SoM六連主砲:口径不明(1000mm超か?)
スポンサーサイト

 | ホーム | 

ヒウィッヒヒー

プロフィール

ウラノビッチ・ハラショーノフ

Author:ウラノビッチ・ハラショーノフ
ARMORED CORE
OFFICIAL SUPPORTER 2009
No.0015

アーマード・コア オフィシャルサポーター2009 No.15

ARMORED CORE V
CLOSED BETA TEST
OFFICIAL REVIEWER

アーマード・コアV CBT オフィシャルレビュワー
 特徴はハラショー体質でメリケン思想。
 リアリティのあるメカ物を志向し、ミリタリー資料を読み漁ってはあれこれと物思いを巡らす日々。
 アーマード・コアを筆頭に、クロムハウンズ、ガングリフォン、鉄騎、フロントミッション、リング・オブ・レッド、ヴルカヌス、ボーダーブレイクなどメカ物は幅広く手を染めてます。
 ニコニコ動画にて【DMINE】ACでミリタリー入門【ACMIL】シリーズを連載中です。
 ちなみにブログのデザインは気分によってたまに変わります。

連絡先:dispater7あっとまーくhotmail.com




検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ハラショーカウンター

ウラノビッチ・ハラショーノフ バナー アーマード・コアV 2011年1月発売予定!