2009/04
 123456789101112131415161718192021222324252627282930 

AC3P新着スクリーンショット&公式プロモーション映像

まだ正式にサポーター業務が始まったわけではないですが、新しい情報が出てたので自主行動です。

一つ目に、電撃オンラインのニュースにて新しいスクリーンショットが公開されました。
「レイヴン、おかえりなさい――『アーマード・コア3 ポータブル』情報お届け!」

高速道路での飛行MT追撃や、架橋への爆弾設置など、PS2版で見覚えのあるシチュエーションが混じっています。画像を見た感じだと、機体モデリングなどはPSP版ACFFと同じものでしょうか?

また、ガレージも基本的にFFのものと同じみたいですね。
注目すべき点としてエンブレム制作のインターフェイスがドット打ちに戻っています。
AC3ベースなのですから、当たり前と言えば当たり前ですけれどもw
全国大会に備えて、電車やトイレ、布団の中、場所を選ばずにちまちまエンブレム作りを楽しめそうです。
PS2と違ってPCとの接続も容易ですし、取り込みも期待したいところです。

あと、カラーリング画面のフロート機体なのですけれど……これ、右手に思いっきりフェンリル(WH08RS-FENRIR)持ってますよねぇ(´∇`;)
やはり登場パーツはFF(もしくはLR)がベースになるのでしょうか?
そうなるとパラメーターの調整やパーツ名などが大いに気になるところですが、続報を待つしかないですね。


二つ目に、公式サイトでプロモーション映像「胎動編」が公開されました。
AC3P公式サイト
……上のスクリーンショットと画面が違う?(´∇`;)
PS2版の映像をワイド画面に合わせて編集したもの……でしょうか?

今のところの新情報はこんなところでしょうか。
まださほど情報が公開されているわけではないので、不透明なところも多いですが、今後の展開に期待して待ちましょうヽ(´∇`)
スポンサーサイト

ACオフィシャルサポーター09に認定されました!

大事なことなのでもう一度ヽ(´∇`*)

アーマード・コア オフィシャルサポーター2009 No.15

当ブログがACオフィシャルサポーター09に認定されました!

先ほど、何の気なしにメールチェックしてみたら当選通知とサポーター用のバナーが入ってまして、いっやーほんとにびっくらこきました(´∇`;)
ACFANのtakashiさんとメッセで「登録した時に確認のメール来ました?」なんて話してたのがつい昨日なのにw

というわけで、これからは動画作成や考察記事と並行して、09年のオフィシャルサポーターとしての活動もしていくことになると思います。
改めまして、当ブログ「ウラノビッチ・ハラショーノフ」と同志Bをよろしくお願いいたします。

みんなでフロムとACを応援していきましょう!ヽ(´∇`*)ノ

AC3ポータブル

ちょっと遅れましたが、AC3Pのティザーサイトが金曜日に公開されましたね。
ACFFが発売した当初から、フルサイズのACがPSPでやりたいやりたいと思っていたので、個人的には非常に楽しみにしています(´∇`)
しかも、AC3っていうチョイスも的を得ていて嬉しい限りです。

全国大会も予定されているようですし、久々に頑張ってみましょうかねヽ(´∇`)ノ
唯一の気がかりは操作方法をどうするかでしょうか|∇`)

フロムさん、頼みますよー(´∇`*)


……あ、あと即日で応募したオフィサポも受かってると良いなぁ(´∇`;)

アームズフォート戦は本当に「大きいだけで単調」なのか?

だいぶ前からACFANやAC-wikiの小説コーナー、掲示板、雑談などを見ていて思うのですが、「小説でAF戦は大味でつまらない」という意見を著者・読者を問わずに割と頻繁に見かけるのが、個人的にとても悲しいです。

そう言う方々は、AFが本当にゲーム中のような「大した火力もなく、どこを撃っても壊れ、派手に爆発するだけのやられメカ」とでも思っているのでしょうか?

スピリット・オブ・マザーウィル戦が「砲弾を眺めて飛んでるだけ」? 「単にミサイル回避しながら砲台つぶしていくだけ」

そんなもので本当に10年以上も地上の覇権を握り、かつ数千万~数億人に一人の実力者であるはずのホワイトグリントを撃退できると思っているのでしょうか?

こういった意見を見る度に、いくらか仕方ないとは思うと同時に、自分はとてもやるせない気分になります。

早く動画の続き作らないと……。


・メモ
ゲーム中のSoMミッション開始距離:約40~50km
設定上のSoMの防衛半径:約200km(絶対防衛100km)

旧日本軍 大和級戦艦46cm主砲:砲弾質量1.4トン(徹甲弾)
旧ドイツ軍 80cm列車砲"ドーラ":砲弾質量4.8トン(榴弾) 7.1トン(対コンクリート貫通榴弾)
SoM六連主砲:口径不明(1000mm超か?)

EN兵器の「見せ場」

動画で取り扱うにあたって改めて感じてますが、EN兵器ってどーにも「見せ場」に欠ける気がするんですよね。合理性とかではなく、純粋に見映えの意味で。

実体弾火器の装填や排莢などのように、「機械をスマートに魅せるギミック」というものを自分はEN兵器の分野では思いつかないし、今のところ見た覚えもありません。
砲口に光が集まり、徐々に輝いていく描写などは見かけにも分かりやすく、もはや定番の演出となっていますが、正直自分は懐疑的です。(少なくとも、かなり陳腐化した表現だとは思う)

未だに実用化されていない影響もあるでしょうけれど、「EN兵器をスマートに魅せるギミック」てのはないものですかねぇ(´∇`;)

・ひとくちつぶやき
ちなみに、見映えやギミックではない「EN兵器の見せ場」はそれなりに考えてますので、動画をお楽しみに∇`)

難航中orz

家事と部屋の掃除を済ませて、夕食を自炊するともう日付が変わりかけている昨今。
なかなか動画作成が進みませんorz

やっぱり睡眠時間と、余計な隙間時間が多いんだろうなぁ(汗
四月以内には絶対間に合わせたいところです(´∇`;)

・ひとくちつぶやき
レーザーとかプラズマとか可能な限り色々調べてますが、マジわかんない僕はやっぱり文系人間らしいですor2

・ふたくちつぶやき
ずっと積んでた1/100ティエレンをパチ組みして眺め回したこの前の休日。
……武装のデザインと用途が全然噛み合ってなくないか、これ(´∇`;)

 | ホーム | 

ヒウィッヒヒー

プロフィール

ウラノビッチ・ハラショーノフ

Author:ウラノビッチ・ハラショーノフ
ARMORED CORE
OFFICIAL SUPPORTER 2009
No.0015

アーマード・コア オフィシャルサポーター2009 No.15

ARMORED CORE V
CLOSED BETA TEST
OFFICIAL REVIEWER

アーマード・コアV CBT オフィシャルレビュワー
 特徴はハラショー体質でメリケン思想。
 リアリティのあるメカ物を志向し、ミリタリー資料を読み漁ってはあれこれと物思いを巡らす日々。
 アーマード・コアを筆頭に、クロムハウンズ、ガングリフォン、鉄騎、フロントミッション、リング・オブ・レッド、ヴルカヌス、ボーダーブレイクなどメカ物は幅広く手を染めてます。
 ニコニコ動画にて【DMINE】ACでミリタリー入門【ACMIL】シリーズを連載中です。
 ちなみにブログのデザインは気分によってたまに変わります。

連絡先:dispater7あっとまーくhotmail.com




検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ハラショーカウンター

ウラノビッチ・ハラショーノフ バナー アーマード・コアV 2011年1月発売予定!