2009/03
 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 

軍事ネタ:GAU-8とF-15SE

動画をちまちま作りながら資料集めとかしてましたら、面白いものを見つけましたので紹介。

A-10サンダーボルトⅡのGAU-8についてと、つい昨夜に発表されたF-15の最新型"F-15 Silent Eagle"についてです。

※09/04/20 一部訂正orz
スポンサーサイト

箱○と一升瓶

この二週間ほどしばらく、余暇の多くをゲームに注ぎこんでました。
最終更新日から察する方もいるかも知れませんが、前回更新の直後(2/26)に360版の「侍道3」と「HALO Wars」が発売されたものでして(汗
自分は軍事・メカ好きでありますが、幼い頃からゲーム好きとしての一面が非常に強くあったりします。
考察の題材にガンダムでもガサラキでもフルメタルパニックでもなく、あえてアーマードコアを選んだのも、兵器・メカとしての設定の整合性も同様ながら、『自分が何よりアーマードコアというゲームが好きである』というのが大前提であるからでもあります(´∇`)

侍道シリーズはPS2の初代「侍」からのファンなのですが、今回は「峯打ち」「土下座」「徒手空拳」「伴侶」「二刀流の組み合わせ自由化」など、自分が正に『これがやりたかった!』という要素が大量に盛り込まれていて大ハマリです。
正に『オレ時代劇シミュレーター』と言わんばかり。
御蔭でこの二週間で日本酒の一升瓶が一本半もなくなってしまいました。

……でも密林やmk2などのユーザーレビューは全然伸びてないんですよね。
自分はすでに40時間を超えるほどのめりこんでいるのですけれども(´∇`;)


「HALO Wars」も一通りプレイしたのですが、RTS未経験の自分でも十分に楽しめるゲームでした。
「ODSTの前線直上投下すげー!」とか「スパルタン超つえー!」とか、凄くミーハーな楽しみ方でしたがw
SF世界観ベースのリアルタイム戦術ということで、全体的にかなり脚色がなされてはいますが、
「何故、橋頭保の確保が重要なのか?」
「何故、情報が重要なのか?」
「何故、偵察部隊に精鋭が当てられるのか?」
「何故、突入後の撤退プランに予備が必要なのか?」
「何故、戦車や戦闘機だけでは戦闘に勝てないのか?」
「何故、空爆は強力なのか?」
「何故、戦力の逐次投入が起こってしまうのか?」
などなど、様々な戦訓をゲーム上で擬似的に体験できます。なかなか良質なゲームだと思います。
ガチガチにミリタリーなゲームではなく、先述のとおり程よく「夢のある」世界観ですので、ACユーザーなら割とすんなり入りこめるのではないでしょうか。
従来のHALOシリーズを知っているのならば、なおのことお勧めです。スパルタンⅡが活躍した全盛の時代を、その圧倒的な戦果で体験できます。同時に、米軍が大真面目にパワードスーツ兵を研究したがる心情も理解できるのではないでしょうかw


ちなみに本題の動画の方ですが、十分な冷却&整理期間を置いた御蔭で、次回分の構成に関してはある程度は頭の中に出来つつあります。皆さまお楽しみのEN兵器と格闘兵装についてです(´∇`)
ただ、まぁ……上記のとおり侍道3とHALO Warsに予想以上にのめりこんでしまったせいで、本当に三月下旬に投稿できるかは怪しくなって参りました(汗
自分としても、三月中に投稿できた方が都合がよいのですけれども、後半に結構予定も集中しているので……。
動画を楽しみにして下さっている視聴者の方々には申し訳ありませんが、どうかご理解くださいorz

 | ホーム | 

ヒウィッヒヒー

プロフィール

ウラノビッチ・ハラショーノフ

Author:ウラノビッチ・ハラショーノフ
ARMORED CORE
OFFICIAL SUPPORTER 2009
No.0015

アーマード・コア オフィシャルサポーター2009 No.15

ARMORED CORE V
CLOSED BETA TEST
OFFICIAL REVIEWER

アーマード・コアV CBT オフィシャルレビュワー
 特徴はハラショー体質でメリケン思想。
 リアリティのあるメカ物を志向し、ミリタリー資料を読み漁ってはあれこれと物思いを巡らす日々。
 アーマード・コアを筆頭に、クロムハウンズ、ガングリフォン、鉄騎、フロントミッション、リング・オブ・レッド、ヴルカヌス、ボーダーブレイクなどメカ物は幅広く手を染めてます。
 ニコニコ動画にて【DMINE】ACでミリタリー入門【ACMIL】シリーズを連載中です。
 ちなみにブログのデザインは気分によってたまに変わります。

連絡先:dispater7あっとまーくhotmail.com




検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ハラショーカウンター

ウラノビッチ・ハラショーノフ バナー アーマード・コアV 2011年1月発売予定!